オプション

人気商品

スマートワークステーション

スマートワークステーション

Yinghanテクノロジー(YLM)自動曲げ装置ワークステーション、高度な統合技術、インテリジェントなCNC自動制御ソフトウェアは、顧客のニーズに応じて周辺機器に合わせて調整できます。

もっと
CNC全自動ベンダー

CNC全自動ベンダー

全自動CNCオールサーボパイプベンダー、優れた教育用ソフトウェア、操作の習得が容易、生産能力に優れた、低騒音・省エネ特性を備えたグリーンコンセプト商品です。

もっと

Yinghan Technology Co.、Ltd。(YLM) 序章

穎漢科技股份有限公司(YLM)シリーズ全体で台湾の専門家ですベンダー チューブ加工装置の製造サービスプロバイダー。1976年に設立され、約40年のインテリジェントオートマチック金属パイプベンダー製造経験、Yinghan Technology Co.、Ltd。(YLM)お客様のさまざまな品質要件を常に満たすことができます。

利害関係者参加コード

Yinghan Technology Co.、Ltd。ステークホルダー参加コード

Yinghan Technologyは、国内外のYinghan Technologyのすべての事業拠点で、高水準の企業の社会的責任の実践を支援および奨励しています。ステークホルダーの参加と重要な課題の特定のプロセスを通じて、私たちは社会とより密接につながり、ステークホルダーの声を見つけやすくし、企業の事業戦略を考慮に入れて、企業情報の透明性と開示を向上させることができます。 。完全性、企業の社会的責任の概念を実装します。

第1条
仕様目的)Yinghan Technology Co.、Ltd。およびその関連機関(以下、当社)は、企業の社会的責任の第2章「実施と推進」に従い、ステークホルダーの参加と重要な問題の特定のプロセスを制度化する。コーポレートガバナンスとステークホルダーの権利と利益の尊重」、特別にこのコードを策定しました。
第2条 (適用範囲)
本規範およびその子会社および合弁事業、ならびに機関または法人などの実質的な管理能力を有する他のグループ会社および組織の適用範囲。
第3条 (利害関係者の定義)
この規範で言及されている利害関係者には、投資家、従業員、消費者、サプライヤー、メディア、コミュニティ、政府機関、または非政府組織が含まれますが、これらに限定されません。
第4条 (実施戦略)
この規範を実施するにあたり、企業はまずステークホルダーの重要性を特定し、次にステークホルダーの参加度を決定し、最後にステークホルダーとの交流計画を決定します。
第5条
ステークホルダーの重要性の特定)ステークホルダーの重要性を特定する場合、以下の6つの原則を考慮することができます。各項目においてステークホルダーがより重要な位置を占める場合、それは会社の優先事項であることを意味します。それ以外の場合はありません。
(1)責任:そのような利害関係者に対する会社の現在または将来の責任を指します。
(2)影響力:会社に影響を与えることができる、または意思決定能力を持つことができる利害関係者を指します。
(3)近接性:会社と長期的な関係を維持している利害関係者を指します。
(4)依存関係:会社の活動および運営に直接的または間接的に依存している利害関係者を指します。
(5)代表性:特定のグループを代表すると法的に主張できる利害関係者を指します。
(6)方針の意図:会社の方針および戦略に直接的または間接的に関連する利害関係者を指します。
第6条
利害関係者の参加レベル)利害関係者の参加レベルは、通知、協議、協力の3つのタイプに分けることができます。
(1)通知:これは、会社が利害関係者に、関連する問題、選択、機会、および解決策を理解するのに役立つ、バランスの取れた、客観的で、正確で一貫した情報を提供することを意味します。
(2)協議:これは、企業が方針を選択および策定する際に、利害関係者から提案またはフィードバックを得る必要があることを意味します。
(3)協力:これは、企業がステークホルダーの懸念やニーズを継続的に理解し、検討するための手順を通じて、ステークホルダーと直接協力する必要があることを意味します。
第7条 (ステークホルダーへの対応)
企業は、参加レベルの異なるステークホルダーへの対応が必要です。
第8条 (ステークホルダーの参加方法)
ステークホルダーの参加レベルの違いに応じて、対応する参加方法を推進する必要があります。
(1)通知:プレスリリース、レポート、ウェブサイトを通じてステークホルダーに通知する必要があります。最新の進捗状況。
(2)協議:これは、企業が公開解説、フォーカスグループ、アンケート調査、およびインターネットを通じて利害関係者から意見を収集する必要があることを意味します。
(3)協力:会社は、委員会、フォーラム、投票およびその他のチャネルの形成を通じて、利害関係者の意見が意思決定に反映されるようにするものとします。
第9条 (結果の伝達)
利害関係者の参加の結果は、以下の方法で利害関係者に報告されるべきである。
(1)利害関係者の会議がある場合、会議の議事録を保管する必要がある。
(2)利害関係者の意見は、参考のために関連するユニットに提供されるべきであり、彼らは応答するよう求められるべきである。
(3)回答の結果を利害関係者に通知し、結果についての意見を収集します。
(4)決議を定期的にフォローアップし、会議または電子メールを通じて関係者に進捗状況を通知します。
第10条 (利害関係者の参加リスク)
以下は、より一般的な利害関係者の参加リスクです。
(1)利害関係者は、参加の目的について異なる解釈を持ち、参加プロセスの結果に対して異なる期待を持っています。
(2)利害関係者は、地理的な場所のために活動に参加できないなど、手順から締め出されていると感じています。
(3)利害関係者は、意見を十分に提供したり、スケジュールが短いなどの懸念を提起したりするのに十分な時間がありません。
第11条
利害関係者の参加のリスクを管理する)利害関係者の参加によって引き起こされるリスクを回避するために、次の項目を考慮する必要があります。
(1)利害関係者が参加する各活動を明確に説明し、プロセス.2番目のアクティビティの目的と、利害関係者が一貫したコンセンサスを確実に得られるようにするための期待される成果の範囲は何ですか。
(2)各利害関係者が参加する活動については、混雑の可能性を可能な限り排除し、条件が許せば、少なくとも2つの参加チャネルを提供する必要があります。
(3)潜在的な利害関係者がリスクに関与していることが判明したら、問題の原因を直ちに明らかにし、問題が解決するまで解決策について話し合うために利害関係者とのコミュニケーションを維持する必要があります。
(4)ステークホルダー参加のプロセスに欠陥がないか定期的にチェックし、それに応じて改善計画を立てる必要がある。
第12条 (キャパシティビルディングにおけるステークホルダーの支援)
ステークホルダーが会社の運営を十分にサポートできるようにするためには、ステークホルダーの能力を継続的に向上させる必要があります。以下のシステムを確立することができます。
(1)定期的に新しい業界情報と開発を提供する。
(2)インタラクティブなウェブサイトなど、経験の共有と交換のためのチャネルを提供します。
(3)教育訓練またはオンラインコースは、定期的または不定期に開催されます。
第13条 (経験の共有)
さまざまな利害関係者との接触および対話における会社の経験は、会社の同僚が互いにコミュニケーションを取り、そこから学び、共に成長し、より良い利益を生み出すことができるように、以下の体系的なデータを通じて確立および共有する必要があります。人と人との関係。
(1)会社のイントラネット専用のインタラクティブなWebサイトを確立します。
(2)報告プロセスを標準化します。
(3)社内会議を開催し、すべてのユニットが相互に連絡を取り、ケースを共有できるようにします。
第14条 (業績評価指標)
ステークホルダーとの交流や関係を継続的に改善するために、各段階で以下の業績評価指標を設定し、時間通りに見直し、達成されない場合は具体的な改善計画を策定する必要があります。
(1)利害関係者とのやり取りの頻度。
(2)関心のある問題に対応する利害関係者の割合。
第15条
権限と責任の部門)会社の関連部門は定期的に利害関係者の参加に参加し、その結果を報告します。これは年次の作業管理と評価に含まれます。
第16条 (実施・改定)
本要点は、総支配人の承認を得て実施し、改定する。