企業の社会的責任

オプション

人気商品

スマートワークステーション

スマートワークステーション

YLM全自動パイプ曲げ装置ワークステーション、高度な統合技術、インテリジェントCNC自動制御ソフトウェアは、周辺機器を使用して顧客のニーズに応じてカスタマイズできます。

もっと
CNC全自動ベンダー

CNC全自動ベンダー

全自動CNCオールサーボパイプベンダー、卓越したティーチングソフトウェア、操作モードの習得が容易、優れた生産性を備えた、低騒音で省エネのグリーンコンセプトの製品です。

もっと

YLM集團前書き

YLM集團台湾の専門家であるベンダー &パイプ加工機器の製造サービスプロバイダー。1976年に設立され、約40年のインテリジェント自動金属パイプベンダー製造経験、 YLM集團常にお客様の様々な品質要求に応えることができます。

企業の社会的責任

英漢テクノロジー株式会社

人権方針

Yinghanは、国連世界人権宣言、国連グローバルコンパクト、国連ビジネスエンタープライズ、国連指導原則など、国際的に認められた人権条約を支持し、自主的に尊重しますビジネスと人権に関する原則)および国際労働機関(International Labor Qrganizations)条約のさまざまな人権の枠組みと精神、および人権を無視して踏みにじるいかなる行動にも決して参加せず、上記の文書のガイドラインに従って、内部の同僚と利益を強化する人権の認識。

Yinghan Technology人権ポリシーは、Yinghan Technologyおよびその再投資された子会社に適用されます。さらに、当社は同じ基準期間を使用して、Yinghan Technologyサプライヤーにこのポリシーの精神と基本原則を遵守させます。

Yinghan Technologyの企業運営プロジェクトによると、私たちは以下の人権に特別な注意を払い、企業文化とバリューチェーンに統合するための内部関連アクションプランの促進を促進するための対応するポリシーを提案します。

私たちは、従業員に安全な職場環境を提供し、給与と昇進の機会に公平を期し、人種、性別、宗教的信念、年齢、政治的志向、および適用法で保護されているその他の条件のために従業員が差別や嫌がらせを受けないようにしますまたは不平等な扱い。

私たちは、さまざまな予防策と保護装置を通じて関連する法律と規制に従い、労働環境の安全と健康状態を継続的に改善し、労働災害のリスクを減らすことを約束し、従業員の身体的および精神的健康を保護するためのあらゆる形態の強制労働および児童労働の使用を禁止します。




中華人民共和国 Yinghan Technology 共和国ゼネラルマネージャー10 月28日



環境安全衛生方針

第1条ポリシー規定
        1.汚染防止、危険防止、省エネルギー、廃棄物削減、環境安全性能の向上。
        2.環境安全と健康の文化を構築し、安全で快適な作業環境を作ります。
        3.環境の安全と健康管理を強化し、安全上のリスクと環境への影響を減らします。
        4.法律、規制、その他の要件を遵守します。
        5.優れたコミュニケーションメカニズムを確立し、継続的な従業員の教育とトレーニングを行います。
        6.環境に対する環境負荷の少ない製品を設計・製造するための研究開発。

第2条この方針は、一般的な承認後に実施され、修正された場合も同じです。

第3条この方針は、中華民国の105年10月28日に制定された。



企業の社会的責任コード

第1章総則
第1条企業の社会的責任を果たし、経済、社会、環境のバランスと持続可能な開発を促進するために、同社は台湾証券取引所とコンソーシアム法人である中華民国証券取引所が共同で設立した「上場OTC会社」を指します。 「企業の社会的責任に関する行動規範」および関連する法律と規制は、この行動規範の遵守を規定しています。
第2条 このコードの範囲には、会社およびグループ会社の全体的な営業活動が含まれます。
企業は事業活動に従事しながら、環境、社会、コーポレートガバナンスの理念開発のバランスをとるという国際的なトレンドに対応する企業の社会的責任を積極的に実践し、企業市民活動を通じて国の経済的貢献を改善し、従業員、コミュニティ、社会の生活の質を向上させる必要があります。企業の責任に基づく競争優位を促進するため。
第3条会社の企業の社会的責任は、社会の権利を尊重し、他の利害関係者の権利に注意を払うことに基づいている必要があります。持続可能な管理と買収を追求する一方で、環境、社会、コーポレートガバナンスの要因に注意を払い、それらを会社の経営に組み込む必要があります。そして操作。
第4条 同社の企業の社会的責任の実践は、次のレベルに分類されます。
まず、コーポレートガバナンス理を実施し、推進します。
第二に、持続可能な環境を開発します。
3.社会正義を維持する。
4.企業の社会的責任情報の開示を強化する。
第2章コーポレートガバナンスの実施と促進、人権の尊重
五番目 会社の取締役会は、企業の社会的責任の実施を監督するために人々を管理し、注意を払うよう最善を尽くし、定期的にその実施の有効性と継続的な改善を見直して、企業の社会的責任のポリシーの実施を確保する必要があります。会社の取締役会は、次の列で構成される必要があります。列さまざまな側面履行企業の社会的責任:
1.企業の社会的責任を会社の営業活動と開発の方向性に統合します。
2.企業の社会的責任の使命を提唱し、企業の社会的責任の方針を表明する。
3.企業の社会的責任に関する情報の開示を確保する。
第6条企業の社会的責任の管理を改善するために、企業の社会的責任を推進するパートタイムのユニットを設置して、企業の社会的責任の方針の実施を担当することができます。設立後は、その結果を定期的に取締役会に報告する必要があります。
第7条会社は人権の関係を尊重し、関係者の関係を認識し、適切なコミュニケーションと関係者の参加を通じて、彼らの期待、ニーズを理解し、関係者に関する重要な企業の社会的責任問題に対応します。
第8会社は、記載されている店頭コーポレートガバナンスの理の行動規範と、記載されている店頭会社が規定した倫理行を参照ガイドラインの例として参照し、コーポレートガバナンスの理念を改善するための効果的なコーポレートガバナンスの仕組みの構造と関連する倫理基準および事項を確立します。
第9条 会社の営業活動は、関連する規制を遵守し、次の事項を実施
して平等な競争条件を確立する必要があります。1.不公平な競争に違反する活動への関与を避ける
第二に、履行税の義務があることは事実です。
3.贈収賄の腐敗を防止し、適切な管理システムを確立する。
4.エンタープライズ寄付は、内部の運用手順に準拠しています。
第10条随時、理企業リン理教育研修練練を実施し、前記事に記載した事項を公表し、社員業績評価制度と組み合わせることで、立派で効果的な報酬体系と学位体系度を設定します。
第3章持続可能な環境の開発
第11条会社は環境規制および関連する国際基準と規範を遵守し、自然環境を適切に保護し、環境の持続可能性を目標に事業活動を行う必要があります。
第12条今後もさまざまな資源の有効性を高め、環境負荷の少ない再生器を使用することで、地球の資源をいつまでも使えるようにします。
第13条 会社の環境管理システムには、次の項目を含める必要があります
。1.自然環境に対する営業活動の影響に関する十分かつタイムリーな情報を収集して評価します。
2.バランスの取れた目標を設定し、これらの目標の継続性と関連性を定期的に確認します。
3.環境の持続可能性の目標または目標の進捗状況を定期的に確認します。
第14条同社は、環境管理理関連システムを維持するために特別なスタッフを設置し、内部環境教育コースを開催しています。
第15条 同社は、環境効率への影響を考慮し、次の原則に従って研究開発、生産、サービス業務に従事し、企業の業務が自然環境に与える影響を低減し
ます。1.製品の資源とエネルギー消費を削減します。
2.汚染物質や廃棄物の排出を減らし、廃棄物を適切に処分します。
3.製品のリサイクル性と再利用を改善します。
4.再生可能資源を持続可能な使用のための最大制限度に到達させる。
5.製品の耐久性を向上させます。
6.製品とサービスの効果を高めます。
第16条 水資源の利用効率を向上させるため、水資源の適切かつ継続的な利用と関連する管理策を策定します。
会社は事業において水、空気、土地の汚染を回避する必要があります。それが避けられない場合は、量的コスト効率、技術的および財政的考慮を考慮して、人間の健康と環境への影響を最小限に抑え、可能な限り最善を採用する必要があります。公害防止・対策技術への取り組み。
第17条同社は、事業活動に対する気候変動の影響に注意を払い、企業の事業活動が自然環境に及ぼす影響を低減するために、実際のニーズに応じて省エネルギー、炭素削減、温室効果ガス削減戦略を策定します。
第4章社会正義の維持
第18条 会社は関連する労働法と規制を順守し、従業員の利益を保護し、結社の自由、団体交渉力、脆弱なグループの世話、児童労働の禁止、あらゆる形態の強制労働の排除、雇用と雇用の差別の排除など、国際的に認められた労働の人権の原則を尊重します待って、労働者の基本的権利を危うくするものがあるに違いない。
当社のリソースポリシーは、労働と人権保護の基本原則を尊重し、適切な管理方法と手順を確立する必要があります。その雇用ポリシーが性別、人種、年齢、結婚、家族のステータスなどの差別的な扱いから解放されていることを確認し、報酬、雇用条件、トレーニング、昇進の機会に平等を実施します。
第19条会社は従業員情報を提供して、彼らが事業を展開している国の労働法に従って彼らの権利を解決させるようにします。
第20条同社は、必要な健康設備や応急処置施設の提供など、従業員に安全で健康的な作業環境を提供し、労働災害を防止するために従業員の安全と健康のリスク要因を減らす責任があります。そして社内の安全衛生教育訓練練を実施。
第21条会社は従業員のキャリア開発のための良い環境を作成し、効果的なキャリア開発トレーニング計画を作成します。
第22条 同社は、従業員が会社の経営管理活動や意思決定に関する情報を入手し、意見を表明する権利を有するように、従業員のためのさまざまなコミュニケーションチャネルを構築しています。
労働条件について従業員代表を尊重します力を交渉する権利を行ない、雇用主と従業員および従業員代表の間の協議と協力を促進するために必要な情報とハードウェア設備を従業員に提供します。
協力的な方法で従業員に大きな影響を与える可能性のある業務変更の通知。
第23条会社は製品の責任と販売を支持し、消費者の権利を履行し保護します。
第24条同社は、政府の規制と関連する業界標準に従って、製品とサービスの品質を保証しています。
第25条顧客の基本的な権利を維持するために、同社は直接および即時の顧客苦情チャネルを提供し、顧客のプライバシーを尊重し、顧客から提供された資金を保護します。
第26条調達の環境や社会への影響を評価し、サプライヤーと協力して企業の社会的責任を推進しています。
第27条 会社は、会社の事業が地域社会に与える影響を評価および管理し、適切な人材を雇用して地域社会の認知度を高めます。
同社は、商業活動、現物寄付、企業ボランティアサービス、またはコミュニティ開発を促進するためのその他の無料の専門サービスを通じて、コミュニティ開発とコミュニティ教育に関する市民組織、慈善公共組織、地方政府機関の関連活動に参加できます。
第5章企業の社会的責任の強化情報開示
第28条 会社は関連法令、上場会社のコーポレートガバナンスに従い、情報開示を行い、情報の透明度を高めるために、関連する信頼できる企業の社会的責任に関する情報を完全に開示する必要があります。
同社は、企業の社会的責任に関する関連情報を次のように開示
しました。
2.コーポレートガバナンスの促進、持続可能な環境の開発、企業の運営と財務に関する社会的広報の維持などの要因のリスクと影響を実装します。
3.企業の社会的責任に対する会社の目的と対策。
4.企業の社会的責任の履行実績。
5.その他の企業の社会的責任に関する情報。
第29条 会社は、企業の社会的責任報告を関連する法規制に従って編集し、企業の社会的責任を推進する状況を
明らかにします。その内容には、次のものが含まれます。
2.主な利害関係者とその懸念。
3.会社のコーポレートガバナンスの実施と推進、持続可能な環境の開発、社会の公的パフォーマンスとレビューの維持。
4.改善されていない方向性と改善の目標。
第6章補足規定
第30条企業は、国内外の企業の社会的責任体制の整備と企業環境の変化に常に注意を払い、企業の定める社会的責任体制を見直し、改善し、企業の社会的責任の実効性を高める必要があります。
第31条このコードは、取締役会が可決した後に実装されましたが、修正されたときも同じでした。
第32条このコードは、2005年10月28日に策定されました。

この規範は、2005年11月25日の日本企業の最初の臨時株主総会で公表されました。